ライザップと言えば、2ヶ月で痩せる!といった文句で魅力のプライベートジムとしても有名ですが、ライザップに行かずとも2ヶ月~3ヶ月で痩せれる方法があるといえば、知りたいと思いませんか?

ライザップだけでなく、プライベートジムでは専門知識を持つトレーナーとダイエットに取り組むわけですが、やはり大なり小なりお金が掛かります、なるべくお金と時間を掛けずにダイエット出来ないか?その方法について考えてみたいと思います。

プライベートジムに通わずにするダイエット

ライザップなどのプライベートジムに通わないということは、専門の知識を持ったトレーナーの助けは受けれませんし、専用器具でのトレーニングも出来ません。何より一人でダイエットに取り組まなければいけないので強い気持ちが大事になってきます。

また、世間では様々なダイエット方法やダイエットに関する情報が溢れていますが、間違っていたり怪しげなものも少なくありません。そんな中で個人がダイエットをするには、科学的根拠のある正しい知識をしっかりと見につけて、行う必要があります。

それでは、一人でダイエットを成功させるための4つのポイントを挙げていきます。

太る仕組みを理解する

ダイエットを始めようにもまず、やせる仕組みを理解しなければどうにもなりません。やせる仕組みとは逆に言えば太る仕組みとも繋がります。

一日で消費するエネルギー(基礎代謝量)<摂取カロリー(食事量)=肥満化           

まず、上記の仕組みを頭に入れておきましょう。単純に言えば摂取カロリーに気をつける=食べすぎないということですが、肥満が進んだ方は痩せにくい体質でもあるので食べすぎない程度で痩せることは難しいでしょう。

ですが、必要以上のカロリー摂取が肥満の元になりますので、この点は常に注意しておきましょう。

太る仕組みが分かって初めてダイエットが成功する

当然のことですが、なぜ太るのかが分かっていないと、どんなダイエットも意味はありません。もちろん、太るようなことを控えるだけではやせるのに十分ではありません。

世間で出回っているダイエット方法の数多くはこの基本をおざなりにしているものも多いのが実情です。どんなダイエットも節制の上で成り立つものなのです。

食事で摂る糖質を制限をする

糖質制限の記事にもありますが、要点として

1.糖質のある食品を控える
2.健康のためにカロリーは減らさない、もしくは減らし過ぎない

炭水化物である、米・パン・麺類などは避け、野菜もじゃがいも、ニンジンなどは摂らずに葉物野菜などにします。また調味料にも気をつけなくてはいけません。砂糖・みりん・ソースなどは控えましょう。お酒に関しても一般的なビールや日本酒、果実酒などは糖質が多く含まれます。

実際にプライベートジムに通わずとも出来る方法ではありますが、やはり個人個人で効果の差が出てしまうのは避けれません、特に肥満度の高い方はやはり運動も取り入れる方が良いのは間違いないでしょう。

食事制限は計画的に行う

太る仕組みを一言で言えばカロリーの過剰摂取であると言えます。なら、カロリーを単純に減らそうと発想しがちですが、そこには大きな落とし穴が潜んでいます。適切なカロリーの摂取は健康維持や基礎代謝を保つ上での筋肉量の維持にも大事です。

糖質制限は効果の高いダイエット方法ではありますが、糖質そのものは人体にも必要な栄養素なので、長期間に渡って摂らないというのは健康に良くありません。体調などを見ながら適切に行いましょう。

日常生活に運動を取り入れる

できる限り運動も取り入れましょう。ジムに通う時間が無い方やトレーニングする時間が無い方も日常生活の中で運動を意識して生活しましょう。具体的には、できる限り歩行する機会を増やしましょう。また、少ない時間でもスクワットや腹筋などの無酸素運動を取り入れましょう。

運動もダイエットする上で欠かせません。プライベートジムに通えなくて、食事のみのダイエットよりも、やはり運動も行った方が効果的なダイエットができます。

運動する習慣をつける

忙しくて、プライベートジムに通えない方でも運動する時間はあります。通勤時間での歩行や自宅で空いた時間での簡単な筋トレなどです。高い効果を望むのは厳しいかもしれませんが、ウェイトトレーニングなどは高負荷を掛ければ短時間でも効果があります。

大事なのは毎日そういった時間を作ることにあります、ウェイトトレーニングなどは毎日継続することで筋肉が鍛えられます。時々、やる程度だとほとんど効果を望めないでしょう。

体重や消費・摂取カロリーなどの記録を付けましょう

やはり、一人でやるダイエットはサボったり結果が出ないとやる気が無くなったりしまいがちです。しっかりと日々の活動記録を付けることをお薦めします。体重を量ったりして日々の変化を確認することも効果的ですが、普段の食事の摂取カロリーを記録することも大事です。

また日常生活でどれほどカロリーを消費しているのかも大切です、日常的に激しい運動を行う方とほとんど運動しない方では消費カロリーも違います。摂取カロリーを気にしすぎるあまりカロリー不足に陥ることもあります、十分注意しましょう。

モチベーションを維持する上でも記録は大事

個人で行うダイエットで記録をつける目的は、ダイエット効果を正確に把握するためだけではありません。行ってるダイエットが正しいものか?さらには効果を確認することで継続するモチベーションにも繋がります。ダイエット方法の正しさを裏付けるためにも記録は大切なのです。

まとめ

いかがでしょうか?上記の内容はあくまでもダイエットでの基本的な考えなので、プライベートジムに通わずにやせる!となるとやはりご自身のやる気が一番大事になってきます。

毎日継続してダイエットに取り組めるかどうか?そしてその方法は正しいかどうか?など一人ですと悩みが尽きないことでしょう。

一人では自信が無い不安だ、という方にはやはりプライベートジムに通われることをお薦めします。一人だと挫けそうなダイエット活動も、頼れるトレーナーが強力にサポートしてくれることでしょう。