プライベートジムといえばライザップ。今やすっかり世間に浸透してきたプライベートジムですが、ライザップのようなプライベートジムが流行するまでは、体を鍛えることでやせる場所といえばスポーツジムが一般的でした。

では、スポーツジムとプライベートジムとは一体何が違うのか?またダイエットするにはどちらがより適しているのか?について解説していきます。

プライベートジムとスポーツジムの比較

プライベートジムとスポーツジム、どちらもトレーニングをする施設ではありますが、その内容はかなり違っています。利用料金、トレーニング設備やトレーニング内容などジムによっても様々です。

それでは、具体的にそれぞれの特徴をポイントに分けて説明します。

スポーツジムの特徴

1.スポーツジムと言っても公共のジムや会員制のジムなど様々

スポーツジムには市などの自治体が運営している公共のジムと民間の会員制スポーツクラブがあります。

公共のスポーツジムではトレーナーのようなサポートしてくれる人はいません。ダンベルやベンチプレスなどといったトレーニング設備も十分に備わっていなかったり、あるいは粗末なトレーニング機材しかなかったりします。

他の利用者と共有でのトレーニングとなるのであまり効率よく集中して取り組める環境に無いことが多いです。会員制のスポーツジムの場合は、トレーニング器具などは公共のジムに比べれば充実しています。また、トレーナーもいますのでアドバイス受けることも可能です。

トレーニングの利用コースなどによっては専任のトレーナーの下でトレーニングすることもできるようです。ただし、ジムによってはトレーニングの内容やトレーニング設備の違いもあり、目的に応じたコースを選択する必要があります。

2.料金は安めだがその分、設備面に物足りなさも

公共、会員制ともにプライベートジムに比べて安価な利用料金になっています。公共のジムなどは非常に安く利用できる反面、設備などが貧弱であることが多く、満足のいくトレーニングには向いてないかもしれません。

会員制ジムはトレーニング設備や環境が揃っている分、公共のジムよりは高額な利用料金になっています。

また、エアロビクスやプールランニングマシンなどあったりしますが、ダイエットのためのトレーニングとして活用するにはそれなりに知識も必要になります。専任のトレーナーなどがいない分効果的に利用するには運動経験の無い方には難しいでしょう。

3.トレーニングは個室などのプライベート空間ではない

スポーツジムは公共、会員制のどちらもトレーニングを行う場所は他の利用者との共有である場合がほとんどです。他の人に見られずに集中して取り組みたい場合には適していません。利用する時間帯によっては混雑のために、トレーニング設備の順番待ちなどといったこともあります。

広くて使いやすい利点などもありますが、共有なので他の利用者に気を使ったりなどもあります。

プライベートジムの特徴

1.プライベートジムは無酸素運動中心のトレーニング

筋トレといってもスポーツジムではランニングマシンやプールでの水泳などがメインの施設もあります。その点、プライベートジムでは無酸素運動がメインなので、ダンベルやベンチプレスなどの器具は完備してあり、筋肉を鍛える上では十分な環境にあります。

プライベートジムの中には有酸素運動を効果的に取り入れているジムもあります。有酸素運動は無酸素運動を合わせて行うと効果が高いので、そういったプログラムを扱うジムに通うのも良いでしょう。

2.料金は高めだが、集中できるトレーニング環境と設備

スポーツジムに比べると高めな利用料金になりますが、それだけにトレーニングするのに適した環境になっています。プライベートジムは基本的に完全個室で、トレーナーとのマンツーマンでのトレーニングになるので安心して取り組めます。

また、トレーナーも十分な教育を受けた上で指導にあたるため、トレーナーによって当たり外れが起こりにくい面があります。さらに、高額な料金の大きな理由として専任のトレーナーの存在があります。プライベートジムのトレーナーはダイエットトレーニングに関する知識が豊富なので、スポーツジムのトレーナーより満足のいくサポートが受けられます。

3.食事面でのサポートや返金保証などのアフターケアも充実

プライベートジムではトレーニングだけでなく、食事に関しても指導が貰えます。さらに、トレーニングに不満があったり、結果に満足できなかった場合には各プライベートジムで決められた規約に則った上で、利用代金の返金に応じたりしています。

アフターケアが充実している点もプライベートジムの大きなメリットでしょう。トレーニングやダイエットに関する疑問や不満など、専任のトレーナーとカウンセラーが対応してくれます。そのため、プライベートジムは常に気持ちよく利用しやすい環境にあると言えるでしょう。

まとめ

大まかにスポーツジムとプライベートジムの違いを上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?プライベートジムは割高ではありますが、ダイエットに特化したトレーニングを取り入れており、知識と経験のあるトレーナーのサポートを受けられるのが大きな強みでしょうか。

トレーニング環境が完全なプライベート空間であるのも見逃せません。無論、会員制のジムにもトレーナーはいますが、会員制ジムの多くはダイエットするための無酸素運動に特化しておらず、トレーナーも様々な方が多い点にも注意が必要です。

いざ、ダイエットを決意されたならどちらがより適しているのか?プライベートジムでは無料カウンセリングも充実しています。ぜひ検討されてみてはいかがでしょう。