プライベートジムのライザップでは、ハードなトレーニングも有名ですが、独自の食事指導でも有名です。単に食べないとか摂取カロリーに制限を掛けるといったものではなく、科学的根拠に基づいたものです。

プライベートジムの多くは、トレーニングだけでなく、食事に関しても指導を行うことでダイエットを成功に導いています。では、ライザップにおける食事指導とはどんなものなのでしょう?詳細を解説します。

食事管理はダイエットの基本

太る原因を考えた時、個人差による違いはあれど、簡潔にはカロリーの摂りすぎである、と言えます。そのため、いかにハードなトレーニングを行って基礎代謝を向上させ、太りにくい体質に変えても、基礎代謝以上のカロリーを摂り続ければ、再び肥満の危険は避けられません。

そういった理由から、プライベートジムでは食事の重要性を重視しており、ライザップでも例外ではありません。また、ライザップではより重視した面もあるようです。では、具体的な特徴について3点ほど説明します。

1.糖質制限による食事指導

多くのプライベートジムで、糖質を制限した食事指導がダイエットに効果的であるのを認めています。ライザップにおいても会員に糖質制限された食事を摂るように指導しているようです。また、トレーニングの経過や個人の体質や体調などを考慮しつつ、制限も変えていくようです。

糖質制限中でも無理せずに取り組む

ただし、糖質制限はダイエットに効果がある反面、長期間の制限は健康に悪影響を及ぼしかねません。なぜなら、糖質は人体の3大栄養素の一つでもあり、日常生活に欠かせない栄養素でもあるからです。もし、トレーニング期間中に体調不良や異変などを感じた場合は速やかにトレーナーに報告しましょう。

2.食事内容は毎日報告

ライザップでは食事内容の報告も義務付けているようです。トレーニングが終わると、ついつい気が緩んでしまい、間食や甘い物に手がでたりするもの。ですが、こういった報告を義務付けることで会員の節制を促し、ダイエットの成功を確かなものにする効果があります。

トレーナーへの報告は忘れずに

この、食事内容の報告というのはトレーニングの一環でもあり、返金保証の規約にも関係することなので、忘れずに毎日行いましょう。トレーナーが休日などの時は報告内容に関する返信が遅れることもあるようです。その際は後日まとめてアドバイスが受けられるそうです。

3.食事に関して知識が身につく

ライザップでは入会時に食事に関するマニュアルが渡されるようです。また2ヶ月間の間に糖質制限による食事指導をトレーナーから受けるため、太る仕組みや太りやすい食品などの知識が身につきます。

2ヶ月間という期間は短いものです、せっかく手に入れたスリムな体型を維持する上でも、トレーニングで手に入れた知識は一生の財産にもなるために大きなメリットであるといえます。

トレーニング終了後でも役に立つ

特に食品に含まれる糖質の量に関しては詳しくなれることでしょう。トレーニング終了後の食生活でも糖質の敏感になり、普段から規則正しい生活を送る上で非常に役立ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?食事はダイエットの基本であり、肥満の根本原因でもあります。プライベートジムに通えば、トレーニングに関する知識と食事に関する知識が身につくため、リバウンドの危険性も他のダイエットに比べ低いものになっています。

トレーニング終了後は糖質制限も無くなり、多少のリバウンドは当然起こりえますが、以前に比べ筋肉が増え基礎代謝が向上しているため、太りにくい体質に変化しています。とはいえ、やはり暴飲暴食すればやがては元の肥満体型へと戻ってしまいます。トレーニングで得た糖質に関する知識を生かし普段から節制を心がけましょう。

また、食事指導に関しては各プライベートジムで独自の理論で行っている所もあり、大変興味深いものもあります。ダイエットで後悔したくない、何度もリバウンドを繰り返したくない、そんな方にこそプライベートジムをお薦めします。