一般のスポーツジムに比べると、高額な利用料金であるプライベートジム。ライザップは数あるプライベートジムの中でも高めの料金設定ではありますが、同時に利用料金の全額返金保証制度も設けています。

この全額返金保証制度は、いくつかのプライベートジムでも導入されている制度ですが、各社規定の違いもあり、一口では説明がむずかしいものでもあります。

では、ライザップにおける全額返金保証とはどんなものなのか?解説します。

万が一ダイエットが失敗した時の保険

プライベートジムに通われる方はダイエットが目的であり、返金が目的でありません。しかし、安くはないお金が掛かっているのも事実です。世の中には怪しげなダイエット商法も多くあり、プライベートジムにおいても、新たなダイエット方法として色眼鏡で見られることもあったようです。

本気でダイエットを考えている方に安心して通っていただく、そんな、万が一失敗した時のための保険として、全額返金保証があると言えます。では、ライザップの場合はどのような運用なのか?ライザップの会則から説明していきます。

全額返金保証は、初回トレーニングより1ヶ月以内の申請のみ受け付ける

ライザップの会則にもありますが、初回のトレーニング開始日より1ヶ月以内に申請しなければならないようです。その際は来店の上、書面での申請となるようです。

メールや電話での申請には応じられないともあります、お金に関することなので、やはり対面の上でのやり取りは当然のことでしょう。

トレーナー、会社、会員の3者で協議した上で会社が承認した場合、返金に応じる

やはりお金のことですから、申請したからといってすぐに返金するわけではないようです。基本的にはトレーニングの効果に不満がある、決められた通りにこなしてもやせない、といった場合でないと返金は難しいようです。

決められた内容のトレーニングを怠ると返金申請には応じられない

具体的に会則にはこのようにあります。

・トレーニング当日のキャンセル及び変更が合計2回以上ある場合。
・トレーニング日時の変更が合計4回以上ある場合。
・食事の報告を行わなかった日が合計3日以上ある場合。

上記の事実に該当した場合も返金には応じられないようです。誰でも可能なダイエットトレーニングとはいえ、適当にやってもできるというものではありません。やはり、真面目に取り組んでいないのにやせなかった、などの理由による返金を受け付けないのは当然でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した内容はプライベートジムの返金保証制度のごく一部についてです。詳細に関しては、必ず店舗でのご確認をお願いします。

全額返金保証制度は、いくつかのプライベートジムにも導入されている制度です。ただ、あくまでも決められたトレーニングプログラムを実践した上で、やせなかった場合に適用されるものがほとんどであります。

趣旨をよくご理解した上で、制度のご利用をお薦めします。